罪と罰攻略3-Stage1-4「地下のワインセラーから」ヒントと回答

罪と罰攻略3-Stage1-4「地下のワインセラーから」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う




スポンサードリンク

File4「地下のワインセラーから」

後島はしばらくの間気絶していました。 にもかかわらず、「絶対に判らないはずなのにわかったと言ったこと」とはなんでしょう?

“地下からの物音に、最初に気が付いたのは殺人現場検証中の遠藤警部だった。
現場はフレンチレストラン。物音は地下のワインセラーからだった。30分後、警官によって男が助け出された。この店のソムリエで経営者のひとり、後島だった。

「ああ、助かりました。外から鍵をかけられてしまったんです。……そうだ、前山はどうしたんですか?」
「前山さんは残念ながら亡くなりました。殺されたようです」
遠藤警部は沈痛な面持ちで告げた。そもそも、前山氏の殺人の件で、我々は現場検証をしていたのだ。

「そ……そんな……じゃあの銃声は、やっぱり……」
後島氏は、傍にあったイスにへなへなと座り込んだ。
「朝、ワインを用意するためにワインセラーに入っていたところ、誰かにいきなり後ろから殴られ、気絶してしまったんだ。
気づいたらワインセラーに閉じ込められていた。外から鍵がかけられてたんだ。
壁の時計を見ていたとき、上で争うような物音と、銃声が聞こえた。あれは……そう、午後12時14分だった。間違いない、時計を見ていたんだから。
慌てて扉を叩いたんだのだが、返事はなかった。ただ、足音だけが店の外に出ていったんだ。
そのあと緊張が解けたせいか、ひどく眠くなって……そして、今、あなたたちの足音で目が覚めたんだ」

「それで、後島さん。前山さんを恨んでいた人などに心当たりはありますか?」
遠藤警部が聞いたので、私も聞いてみた。
「そうですね、まず後島さん、あなたは前山さんを恨んでませんでしたか?」
「な、なにを言うんだ、し、失礼な! 俺は親友の死を今知ったばかり……」
「そうでしょうか? それにしては絶対判らないことを判ったと述べています。ね、後島さん?」”

ヒント

いったん気絶して窓のない部屋に閉じ込められていたはずです。昼夜の判別がつくでしょうか?

























回答

午後12時14分

「いったん気絶し、窓もない部屋で閉じ込めれていたのでは、通常の時計では午前か午後かは判らないはずです。」




スポンサードリンク

罪と罰3カテゴリの最新記事