罪と罰攻略3-Stage1-1「短命の家系」ヒントと回答

罪と罰攻略3-Stage1-1「短命の家系」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う




スポンサードリンク

File1「短命の家系」

姪と名乗った女性が香典泥棒でした。 姪というのが嘘だとわかる、「私」の発言はどれでしょうか?

“短命の家系というのは、確かに存在する。たいていは単純に体質の問題だろう。だがオカルト的な理由を信じている人々もいる。友人の茅ヶ崎良武の場合もそうだった。

「父も、祖父も、曾祖父も大叔父もみんな40代で死んだ。
もうすぐ俺も40だ……お願いだ、君を名探偵と見込んで! この呪いを解いてくれ!」
「無茶を言うな」
「呪いが解ければ、俺も結婚する。だが今こんな状態では、彩子と結婚できない」
「君は一人っ子だし、結婚したほうが茅ヶ崎家の名前が残るんじゃないか?」
「すぐに彩子を未亡人になんか出来るか!」
「そう、その意気だよ。結婚して、そのつもりで長生きしろよ」

私は茅ヶ崎の依頼を断ったが、今にして思えば、気休めでも引き受けてやった方が良かったのかも知れない。
茅ヶ崎良武はそれから半年後、ガンで死去した。
……呪いなど信じていないが、後味が悪いのも事実である。
そして、今日は茅ヶ崎の葬式だった。すべては葬式業者にすでに手配してあったのだという。
炎天下の中、葬式は粛々と行われた。参列者は300人以上にも上るだろう。

「ああ……おじさま……なぜひとりで死んでしまわれたの……」
女性がひとり、感情が極まったためか、それとも日差しのせいか、葬式の最中に倒れた。
「大丈夫ですか? ええと、あなたは故人の……」
「姪です。大丈夫です、少し屋内で休んでいれば治ると思います」
「それがいい。涼しいところで、寝ていてください」
葬儀会社の人に付き添われ、女性は屋敷に入っていった。
数時間後、火葬場から帰ってきた私たちは、香典泥棒にあったことを知る。
返す返すも、この件については不覚だった。目の前でみすみす犯罪が行われるのを見逃していたとは……。”

ヒント

茅ケ崎良武に兄弟はいましたっけ……?

























回答

君は一人っ子

「良武氏が一人っ子で結婚していないなら、姪がいるはずがありません。」




スポンサードリンク

罪と罰3カテゴリの最新記事