罪と罰攻略2-Stage8-2「浪人生の不審死」ヒントと回答

罪と罰攻略2-Stage8-2「浪人生の不審死」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰2
 




スポンサードリンク

File2「浪人生の不審死」

なぜ「私」は自殺ではないと見破ったのでしょう?

“浪人生、相良淳の死体が自宅で発見された。
相良は自室の梁で首を吊っており、彼のデスクの上には大学の不合格通知が置いてあった。

「私がいけなかったのかもしれない…あの子を追い詰めてしまっていたのかも…」
相良の母親は、そう言ってさめざめと涙を流した。

相良に大学からの封書が届いたのは、昨日の朝。
母親から封書を受け取った相良は緊張した面持ちで自室に行き、そのまましばらく出てこなかった。
部屋から出てきた相良は母親に「駄目だった」と短く告げ、ふらふらと外へ出かけた。
しばらくして帰ってきた相良は、薬局の袋を手にさげていたそうだ。
相良はその後部屋に引き籠り、翌日死体となって発見された。

「また来年頑張ればいいじゃないって言ったら、頷いてたのに…」
泣き崩れる相良の母親を荒井刑事が宥めているあいだに、私は相良の部屋を調べることにした。

デスク上の不合格通知。
使い込まれた赤本。
栄養ドリンクの空きビン。
引き出しの中に、使いかけの頭痛薬とほとんど空っぽの胃薬。
まだパッケージを開けていない胃薬と頭痛薬。

「…ふむ」

ゴミ箱には紙くずにまぎれ、1枚のレシートが捨てられている。
近所の薬局のレシートだ。
レシートの日付と内容を見て、私の疑念は確信に変わった。

「…荒井刑事、少しいいですか」
「なんでしょう」
怪訝そうな荒井刑事に、私はこう耳打ちした。
「相良君は自殺ではないかもしれません」”

ヒント

被害者が死ぬつもりだったなら、不自然なものがありますね。

























回答

まだパッケージを開けていない胃薬と頭痛薬

「被害者は死んだ日に薬局で新しく薬を買い足しています。自殺しようとしている人間がわざわざ薬を買い足しませんよね。」




スポンサードリンク

罪と罰2カテゴリの最新記事