罪と罰攻略2-Stage8-1「美術館の警備員」ヒントと回答

罪と罰攻略2-Stage8-1「美術館の警備員」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰2
 




スポンサードリンク

File1「美術館の警備員」

「私」はアナンが留学生ではないと見破りました。なぜでしょう?

“花水木美術館が窃盗団に狙われた。
なぜかその晩は警備システムが作動せず、数十点、合わせて5千万円相当の美術品が盗難に遭った。

「あの美術館は最新の警備システムを採用していたはずなのだが、証拠一つ残っていないんだ」

遠藤警部は「お手上げだ」と暗い表情だ。
協力を求められた私は、当日警備にあたっていた警備員2人から話を聞くことにした。
1人目は真面目そうな壮年の男性。

「佐原と申します」

見た目通りのハキハキした口調。
彼は勤続10年以上のベテラン警備員だそうだ。
2人目は異国風の顔立ちの青年だった。

「タイのバンコクから来ましタ、アナンでス」

片言の日本語で自己紹介する彼は、タイからの留学生だという。
生活のために最近派遣会社に登録し、初めて配属されたのがこの花水木美術館だったそうだ。

「初めての職場でこんな大事件とは…かわいそうに」

荒井刑事の暢気な物言いに、私は溜息をついた。

「同情の必要はありませんよ」
「なぜだね?」
「彼は留学生ではありません」
「彼は日本人で、おそらく窃盗団の一味でしょう」
「なんだって!?」”

ヒント

タイ人は自国の首都を何と呼ぶかご存知ですか?

























回答

バンコク

「タイ人は自国の首都を「バンコク」ではなく「クルンテープ」あるいは「クルンテップ」と呼びます。」




スポンサードリンク

罪と罰2カテゴリの最新記事