罪と罰攻略2-Stage6-6「会社員の失踪」ヒントと回答

罪と罰攻略2-Stage6-6「会社員の失踪」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰2
 




スポンサードリンク

File6「会社員の失踪」

なぜ「私」は自発的な失踪ではないと分かったのでしょう?

“大手商社に勤める会社員、浅貝翔太が忽然と姿を消した。
失踪したのはおそらく日曜日。
入社以来遅刻も欠席もしたことがなかった浅貝が出勤してこないことを訝しんだ上司の通報で、事件が発覚した。

通報を受けた荒井刑事は浅貝の自宅へ向かった。
浅貝の部屋は大きく開け放たれた窓から吹き込んだ雨風で、ひどい散らかりようだった。
朝の天気予報の通り、日曜日の夕方は嵐だったのだ。

「まあ、失踪した浅貝さんはいい大人ですからね」
「警察としては、わけあって自分の意志で姿を消した可能性も高いのではないかと」
荒井刑事の言葉に、浅貝の上司は首を振った。

「そんな無責任なやつではありません」
「几帳面で、マメな男でね…要領はよくないが、その分は生来の真面目さでカバーしていた」
「自分の意志で行方を眩ますなら、その前に仕事の引継ぎをするはずです」
「きっと浅貝は、なにか事件に巻き込まれたんですよ」

浅貝の上司の話を受け、荒井刑事は事件の可能性も視野に入れたそうだ。
「正しい判断だと思います」
「これは、自発的な失踪ではありません」”

ヒント

行方不明になった浅貝は、几帳面でマメな男でした。

























回答

開け放たれた窓

「几帳面でマメな人間が、嵐が来るという予報が出ているのに窓を開け放って出掛けることはないでしょう。夕方嵐が来る前に帰るつもりだったことが分かります。」




スポンサードリンク

罪と罰2カテゴリの最新記事