罪と罰攻略2-Stage5-8「美術品の窃盗被害」ヒントと回答

罪と罰攻略2-Stage5-8「美術品の窃盗被害」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰2
 




スポンサードリンク

File8「美術品の窃盗被害」

なぜ「私」は罠を見抜けたのでしょう?

“美術品の収集家、浅茅氏が窃盗被害に遭った。
世界中から集めて屋敷中に飾っていた美術品が、立った一晩でほとんど盗まれてしまったのだ。
昨夜は酷い雨が降っていて、その天候に乗じての犯行だった。
警察は盗まれた美術品の数と手際の良さから、単独ではなく集団での犯行だろうと当たりを付けた。

「わたしの大事な子たちを取り戻してください、一刻も早く…!」
浅茅氏の悲痛な叫びに応えるべく、私たちは捜査を開始した。
屋敷内には驚くほど証拠が残っていない。
犯行に向けて入念に準備をしていたことが窺える。
屋敷の外へ移動すると、荒井刑事が道端にキレイなメモ紙が落ちているのを見つけた。

「16時3番倉庫」

メモ紙にはそう書かれている。
「これはもしや、犯人グループの落ち合う時間と場所を示しているのでは!?」
「ああ、一味の誰かがうっかり落としていったのかも…」
真剣に話している遠藤警部と荒井刑事に、私は言った。
「そのメモは気にしない方がいいですよ」
「なぜだ?」
「それは捜査をかく乱するための罠です」
「犯人グループの誰かが今日改めてやってきて、あえておいていったものですよ」”

ヒント

昨夜は雨が降っていました。

























回答

キレイなメモ紙

「昨夜は雨が降っていたのですから、道端に落ちていたメモ紙がキレイなのはおかしいですね。」




スポンサードリンク

罪と罰2カテゴリの最新記事