罪と罰攻略2-Stage4-10「住宅街の発砲事件」ヒントと回答

罪と罰攻略2-Stage4-10「住宅街の発砲事件」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰2
 




スポンサードリンク

File10「住宅街の発砲事件」

なぜ「私」は彼を怪しいと思ったのでしょう?

“閑静な住宅街で発砲事件が起こった。
被害者は外出しようとしたところをいきなり撃たれ、病院に搬送されたが、間もなく死亡した。
私は荒井刑事と共にこの件を警察に通報した男に話を聞きにいった。

「たまたまあの辺りに用事があったんだ…銃なんて物騒だね、いや怖い怖い」
男はそう言って首をすくめる。
「怪しい人などは見ませんでしたか?」
「記憶にないねえ…」
「俺はただ、その撃たれて死んだ人が、玄関に鍵を掛けているところに通りかかっただけでさ」
「そのあと銃声が聞こえたんでビックリして、慌てて駐在所に駆け込んだんだよ」
「なるほど、そうですか…」
難しい顔で考え込む荒井刑事に、私はそっと耳打ちした。

「荒井刑事…この人、怪しいですよ」
「なんだって?」
「ことによっては、この人が犯人かもしれません」”

ヒント

証言をもう一度確認してみましょう。

























回答

鍵を掛けているところ

「鍵を掛けているのか、開けているのかは、ちらっと見ただけでは分かりません。被害者の行動を見ていたという証拠です。」




スポンサードリンク

罪と罰2カテゴリの最新記事