罪と罰攻略2-Stage3-7「大きな水車」ヒントと回答

罪と罰攻略2-Stage3-7「大きな水車」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰2
 




スポンサードリンク

File7「大きな水車」

なぜ「私」は証言に疑問を抱いたのでしょう?

“落雷による停電に乗じた窃盗被害に遭ったのは、ガーデニングが趣味の一家の屋敷だった。

「あの日家にいたのは私だけよ、夫は仕事からまだ帰っていなくて」
「なにか物音などは聞かなかったですか?」
「庭の水車の音が結構大きくて…ごめんなさい、なにも聞いていないんです」
「水車?」
私たちの不思議そうな顔を見た奥さんが、自慢の庭を案内してくれることになった。
庭には人工の川があり、大きな水車が回っていた。

「ガーデニングが趣味とは聞いていましたが、これはすごいですね…」
「ガーデニングはもともと夫の趣味なんです」
「夫は凝り性で…これでも、まだ全然完成していないんだそうよ」
「本当はもっと流れの速い川を作りたいらしいの」
「でもその川はほとんど流れがないのよね。これが限界なのよ」
「夫は一生懸命お金を溜めていて」
「理想の庭に近付けるための費用だったみたいなのに…」
盗まれた金庫のことを思いだして、奥さんが溜息をつく。

「ご安心ください、必ず取り返しますから」
荒井刑事が奥さんを励ます。
しかし、私は庭を見たことによって奥さんの証言に疑問を抱いた。”

ヒント

水車は普通流れのある場所に作りますが…。

























回答

流れがない

「水は普通流れに沿って回りますが、この家の水車はほとんど流れのないところで回っています。つまり、この水車は電動。電動なら停電のあいだ水車は動かないはずなので、証言が正しくないと分かります。」




スポンサードリンク

罪と罰2カテゴリの最新記事