罪と罰攻略2-Stage2-6「車いすの被害者」ヒントと回答

罪と罰攻略2-Stage2-6「車いすの被害者」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰2
 




スポンサードリンク

File6「車いすの被害者」

「私」は彼女を疑っています。それが分かる部分はどこでしょう?

“私はあるひき逃げ事件の被害者から、犯人捜索の依頼を受けることになった。
事件があったのは1年前。

「はじめまして、探偵さん」
「ああ、どうも。ご依頼ありがとうございます」
握手を交わした手に、女性らしい柔らかい感触を感じる。

「あいつはわざと私をひいたんです…!」
「ふむ…あいつということは犯人に見当がついているのですか?」
「どいつか知らないけど、私がフッてやった男の誰かに違いないわよ」
憎らしそうに声を荒げる彼女は、車いすに乗っている。
ひき逃げにあったときに脊髄を損傷し、以来車いす生活を余儀なくされているのだそうだ。

「まだ捕まっていないなんて絶対に許せません」
目に涙をにじませて彼女は言う。
「私にはお金が必要なの…!」
「探偵さん、あいつをみつけて相応の罰を受けさせてください」
「…任せてください」
私は手を差し出し、再び彼女と固く握手をした。”

ヒント

依頼人の主張が本当なら長く車いす生活をしているはずですね。

























回答

柔らかい感触

「車いすでの生活を続けていると手にタコができます。「私」は依頼人と二度握手をすることでタコの有無を確認したのです。」




スポンサードリンク

罪と罰2カテゴリの最新記事