罪と罰攻略-Stage3-8「ヨットで太平洋横断」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage3-8「ヨットで太平洋横断」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File8「ヨットで太平洋横断」

「私」がほら話だと気が付いた片桐の発言はなんでしょうか?

“「よう、久しぶり」
待ち合わせのバーで、片桐は笑って私を迎えた。
「焼けたな。今度はどこに行っていたんだ?」
「うん? なにね。ヨットで太平洋横断さ。久しぶりに『コンチキ号』読んだら海に出たくなっちゃってさ」
片桐は日に焼けた顔で屈託なく笑う。一片の隙も無く焼けた顔だ。白い歯が眩しい。まるでマンガの中の二枚目のようだ。
「この間は山だったじゃないか」
「山は少し飽きた。山もいいが、海はいい。生き返った気がする」
片桐は遠くを見つめるような目をする。
「航海は順調だったか?」
「まあ、だいたい。途中タイフーンに出会ったが、幸い大事には至らなかった。ただなあ、洗面道具一式を流されて。おかげで陸に上がるまで7ヶ月間、ひげぼさぼささ」
片桐はアゴを撫でた。
「あるとき、夜中に目が覚めてさ。ところが身体が動かない。俺は思ったね、これがウワサに聞く金縛りかと」
「ああ、それな。金縛りは、筋肉が疲れているのに脳が興奮しているときに起きやすいんだ。あと、ミネラルバランスが崩れているときにもな。おまえ、ちゃんと飯喰っていたのか?」
「毎食新鮮な海の幸だ。毎日、釣った魚を適当にさばいて喰ってたよ」
散々海の話をしてから、私は言った。
「ところで、片桐。今の話、私にはかまわないが、他の人には言うなよ。ウソをウソと見抜いた上で楽しんでくれるような相手にだけ、しておけよ」
「はははは。バレてたか。どこらへんからホラ話だと気が付いていたんだ?」
私は片桐の言葉の1つを指摘した。
「そうか。そりゃ少しうかつだったな。はっはっは」
片桐のヤツはこれまた屈託なく笑った。
そう、これが私と片桐とのゲームだ。”

ヒント

片桐は一片の隙も無く焼けた顔でした。 洗面道具が流されてひげが剃れなかったはずですが?


































回答

7ヶ月間、ひげぼさぼささ

「7ヶ月間ひげが生えていたのなら、アゴは日に焼けていないところがたくさん有るはずです。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事