罪と罰攻略-Stage2-7「日本から遠く離れて」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage2-7「日本から遠く離れて」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File7「日本から遠く離れて」

老婦人の話にはおかしなところがあります。それはどこでしょうか?

“祖母がブラジルから45年ぶりに帰ってくる。
その言葉に姪の保奈美は浮き立っていた。話にしか聞いたことのない父方の祖母だ。ムリも無い。
保奈美の両親、つまり私の義兄と姉は都合が悪いと、成田空港までの保奈美の付き添いを頼まれた。その時の姉の複雑な表情が気になっていたのだが。

「おばあちゃん!」
写真で見ていた老婦人に、保奈美は駆け寄る。
「まあまあ、保奈美ちゃん……写真より大きくなって!」
「いつの写真? もうすっかり大きいんだから!」
微笑ましい孫と祖母との対面。
「どう、45年ぶりの日本は?」
「もうあちこちずいぶん変わっちゃって! 成田空港もずいぶん変わったわよね……1970年に成田から旅立ったときのことは、まるで昨日のことのように思い出せるのにねえ」
「うん、日本もずいぶん変わったんだよ。まず私が産まれたんだもん」
「そうねえ。おほほほ……」
「ねぇねぇ、お婆ちゃん。ブラジルってどんなとこなの?」
「人を雇って、赤道下でコーヒー農場をやってるのよ」
「すご〜い。女実業家?」
人なつっこく祖母に甘える保奈美。それはそれで微笑ましいのだが。
「ちょっとトイレに行ってくるね〜」
保奈美が席を外したスキに、私は老婦人に言った。
「他人の家庭の事情に口を出すのは失礼なこととは存じますが、それでも一言だけ。
ブラジルに移住なされたというのはウソでしょう? 細かい事情は私にはわかりません。それでもお孫さんには真実を話した方がよろしいのでは?」
「やはり……わかってしまいますか。わかりましたわ。真実をあの子に話してみます」
「大丈夫、保奈美も、それを受け止められるいい子に育っていますよ」”

ヒント

成田空港の開港日を調べてみると良いかもしれません


































回答

1970年に成田から旅立った

「成田空港の開港は1978年です。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事