罪と罰攻略-Stage10-5「通りすがりの密輸団」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage10-5「通りすがりの密輸団」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File5「通りすがりの密輸団」

密輸団はなにを密輸しようとしていたのでしょうか?

“「親分。大変だ。検問です」
部下の一人が慌てた。
「慌てるな。あれは密輸取り締まりの検問じゃねえ。酔っ払い運転かなにかの検問だ。怪しいそぶりを見せなければバレることはねぇ」
さすがに密輸団リーダーは場数をふんでいるようで、落ち着いたものだ。
「いいか、余計なことはしゃべるなよ」

「どうしました?」
リーダーはなに喰わぬ顔で、検問の刑事に声をかけた。
「この近くで美術品が盗まれまして。ちょっと調べさせてもらってます。……いい車ですね?」
遠藤警部はあくびをかみ殺す。。
「そ、そりゃ、大変ですね……」
車から男は乗り出して答えた。
「遠藤警部、念入りにチェックしてもらえませんか? それから、荒井刑事……」
なにやら私服の男が若い刑事に指示を出している。私服の男は刑事ではなさそうだが……。
「トランク、調べさせてもらいますよ。開けてくださ〜い」
遠藤警部は中に半身を入れて、トランク内を調べ始めた。
「親分……」
「バカ野郎、おどおどするんじゃない」
小声でリーダーは言う。
「奴らにわかるものか」

「うん、なにもないですね。大丈夫です」
中を調べた遠藤警部が言った。
「そうでしょう?」
リーダーがエンジンを掛けようとしたとき、私服の男が言った。
「ちょっと待ってください。確かに車内にはなにもありませんが、この人たちは密輸をしようとしているようです。荒井刑事が戻ってくるのを待ちましょう」
「なっ、何を……」
と、その時、荒井刑事が駆けてきた。
「照会したらやっぱり探偵さんがいったとおりでしたよ。警部、そいつら捕まえてください!」”

ヒント

密輸する品が小さいものとは限りませんね

























回答

いい車

「密輸団は高級車を密輸しようとしていたのです。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事