罪と罰攻略-Stage10-10「防がれたテロ」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage10-10「防がれたテロ」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File10「防がれたテロ」

通報者はどうやってテロリストの会話を知ったのでしょうか?

“『都心でテロが計画されている』
そういう通報があったのは3日昼。
「通報は信用出来る」
そう判断した私のアドバイスで、この通報は非常に重要視され、すぐに都内に秘密裏に非常警戒網がひかれた。
目標とされた国会議事堂に至る道はすべて封鎖され、地下鉄は臨時検問の対象となった。
そして、初動捜査の素早さが功を奏し、4日夕方にはテロリストたちを捕まえ、爆弾を押さえることが出来た。

「なぜだ、なぜバレた? 我々はちゃんとあたりに気を配っていた」
我々の取り調べにテロリストのリーダーは唸った。
「万全の注意を払ったはずだ。仲間と接触するときも、怪しまれないような喫茶店やファミレスを使った。隠語と暗号を使い、聞かれてもわからないようにしていた」
「そうみたいですね。警察も公安も、なかなかシッポを捕まえられなかったみたいですしね。でも最後の相談はどこでしました?」
私はリーダーに尋ねる。
「都内のカフェだ。大きな窓があり、現場を確認しながら、作戦を練ることが出来た。外では工事中で大きな騒音がしていたが、防音は完璧だったので、問題なかった。店内には我々の他には客はいなかったし、店員も近づいてこなかった。誰にも聞こえてないはずだ」
そこで、リーダーはハッとした顔になる。
「ま、まさか、ひょっとして、我々の中に裏切り者が居たのか?」
「そうじゃないんですよね。ちゃんとあなた方の陰謀の詳細を読んで、通報してきた人がいるのです。最後の相談の内容をね。
『天網恢々、粗にして漏らさず』と言う言葉を知っていますか? まさにあなた方のためにあるような言葉ですよ」”

ヒント

会話の内容を知る方法が、聞く方法だけとは限りません

























回答

読んで

「通報者は読唇術(唇の動きでしゃべっている言葉を知る技術)で、テロリストたちの会話の内容を知ったのです。通報者は聾唖者か、聾唖者に近しい人物だったのかも知れません。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事