罪と罰攻略-Stage1-9「女性の溺死体」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage1-9「女性の溺死体」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File9「女性の溺死体」

男の証言には、普通の女性ならまずやらないようなことが述べられています。それはどこでしょう?

“ N海岸で、若い女性の溺死体が打ち上げられた。女性の名前は小中梢。近くの街に恋人と住んでいた。ただちに恋人に連絡が行く。
事件は事故と殺人の両方の線で捜査が始まった。しかし当初の予想と異なり、目撃証言も物証もほとんど見つからず、捜査は難航していた。

「そもそも、目撃証言そのものが少ないんですよねえ。遺留品もなにも見つからない。海岸の海の家にも、この女性の遺留品らしいものはなにもないんです」
荒井刑事が報告する。
「警部。小中梢の同棲中の恋人が来ました。証言を取りますか?」
「そうだな。……探偵さんも、ご覧になりますか?」

恋人の男は、頭を抱えていた。
「友だちと海水浴に行くと言って、手ぶらで家を出たんですよ。朝早く。7時前ぐらいでしたか……。ええ、もちろん電車で、だと思います」
「友だちというのは?」
「わかりません。僕は宮田さんだと思っていたのですが、彼女は今日仕事で出社しているそうです。
一昨日くらいから、海に行くのを楽しみにしていて、その話ばっかり言ってました。ただ、そういえば、宮田さんの話は出なかったかな……。
ま、まさか、梢のヤツ、男と……?」
「ま、まあ、まあ。まだそう決まったわけではありませんから……」
「いいえ、梢には前科があるんです。きっとそうです。俺に言えないような男友だちと海に来たに違いありません! なんてことだ!」
荒井刑事と男のやり取りを聞き、遠藤警部は言った。
「駅の監視カメラを調べましょう」
「いや、それよりも、あの同棲相手の車か、あるいはレンタカーを調べた方がいいと思いますよ。どうにも怪しいですからね。本当に家を出たのか、どうか」”

ヒント

海水浴は、水着、着替えの下着、バスタオルなど荷物が多くなるはずですが…



































回答

手ぶらで家を出た

「女性が海水浴に手ぶらででるわけがありません。水着、着替えの下着、バスタオルなどかなりの分量になります。同棲していた男がこれに気が付かないのも不自然です。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事