罪と罰攻略-Stage1-3「実業家殺人事件」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage1-3「実業家殺人事件」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File3「実業家殺人事件」

ウソのアリバイをしている人物がいます。 明らかにウソをついているとわかる発言を指摘してください。

“ 建築現場で見つかった腐乱死体は、実業家の安藤秋江氏だと判明した。
安藤氏は夏頃、休暇を取ったがそのまま行方不明になり、家族が捜索願を出していた。
捜査線上には3人の容疑者が浮かんだ。
重役で姪の安永恭子。やはり重役で金庫番の後藤田健。運転手の小田巻幸太だ。
「お願いです、探偵さん。みなさんの容疑を晴らしてください。会社には動揺が広がっているんです」
重役秘書のひとりで安藤氏の娘、陽子さんからの依頼だった。
私はまず、彼らの関係を知りたいと思い、陽子さんに頼んで、彼らの話を盗み聞きさせてもらった。

「まったく、あんたたちのせいで私まで疑われて! 私は軽井沢にテニスに行っていただけなのに!」
ヒステリックな女の声。
「あなたは遊びでしょう、安永さん。いい年して、テニス焼けが醜いですよ。私は出張で韓国です。取引先に聞いてみればいい。暑いのに……」
太い男の声。
「ふん、ソウルの愛人の証言じゃ、警察も信用しないでしょ」
「まあ、まあ、安永さんも、後藤田さんも」
「小田巻、だいたいアンタがおばさんに付き添ってないからいけないのよ! 休暇ですって?」
「ええ、ちょっとオーストラリアまで」
「たっぷりバカンスを楽しんだんでしょ。まだ身体中まっ黒ですからね。ビーチではさぞやおモテになったでしょう?」
「いえ、俺はもっぱら釣りをしてましたよ。オーストラリアの夏は暑くて。だからTシャツを着ててもたっぷり焼けました」

「どうでしょう、みなさんの疑いを晴らしてもらえないでしょうか?」
「それは難しいですね。明らかにウソのアリバイを言っている人がいますから」
「えっ! そ、それは誰ですか?」”

ヒント

北半球が夏なら南半球は冬です。 嘘をついている人がいますね




































回答

オーストラリアの夏は暑くて

「日本が夏なら、南半球のオーストラリアは冬です。冬の日差しでも日焼けをすることはありますが、明らかに小田巻の発言はウソです。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事