罪と罰攻略3-Stage1-10「小説家の書斎にて」ヒントと回答

罪と罰攻略3-Stage1-10「小説家の書斎にて」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う




スポンサードリンク

File10「小説家の書斎にて」

三田川の供述通りの行動は、部屋の中の様子を考えると、明らかにできません。なぜでしょうか? 彼の不可能な行動を指摘してください。

“小説家・八神大輔氏の書斎は豪華ではあったが、さほど広くはない。壁はほとんど本棚になっていたからだ。仮眠用のベッドと机に圧迫され、見える床は4畳半ほどもない。
その書斎の床の真ん中に、八神氏の死体があったあとを示す白いテープが大の字のように貼られていた。

「第一発見者はこちらの、被害者の甥の三田川淳さんです。発見したのは夕べの午前2時頃だそうですね?」
荒井刑事が遠藤警部に説明する。
「はい。眠れないので、寝酒に叔父のウィスキーを少し分けてもらおうと来たのですが、部屋が真っ暗で……。寝てたら悪いと思って、部屋の明かりではなく、机のスタンドライトをつけに行きました。明るくなったら、床に叔父が倒れていたんです」
「確かに、このライトのスイッチから三田川氏の指紋が発見されています」
大鳥鑑識官が報告する。

「真っ暗なのに、よくライトの位置がわかりましたね?」
私が聞くと、三田川は頷いた。

「この書斎のことはよく知ってますから。ここを掃除していたのは僕なんですよ。
それで、ライトをつけたら、叔父が倒れていたので、慌てて、机の上の電話から警察を呼んだんです」
「電話機からも、三田川氏の指紋は検出されています」
「なるほど。そういうことですか。つじつまは合ってますな……」
遠藤警部の言葉に、三田川は慌てた。

「ぼ、僕を疑っているのですか?」
「ああ、失礼。まず第一発見者を疑えと教わっていましてな。でもあなたの場合、その可能性はなさそうだ」
私は遠藤警部の話を遮る。
「さあ、それはどうですかね? 今の三田川さんの説明には怪しい点がありますし、そのまま信じるわけにはいきませんね」”

ヒント

本棚やベッドに圧迫され、非常に狭い部屋だったようですね。

























回答

机のスタンドライトをつけに行きました

「真っ暗な状態で、狭い部屋の床の真ん中の八神氏の死体にぶつからずに部屋の向こうの机に行くことはできないでしょう。」

次のファイルへ「考古学者の性分」




スポンサードリンク

罪と罰3カテゴリの最新記事