罪と罰攻略-Stage9-7「猫グッズに埋もれた死体」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage9-7「猫グッズに埋もれた死体」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File7「猫グッズに埋もれた死体」

証言の中に、ひとつだけ矛盾したことを言っているものがあります。それは瑠美さんがまずやらないことをやったと言っている証言です。さて、それはどれでしょう?

“峰谷瑠美の猫好きは、仲間内では有名だった。
部屋を猫のぬいぐるみや人形で埋め尽くし、猫の絵画を買い漁る。スマホの待ち受けはもちろん、メモリーにはたくさんの猫動画が入っていた。
彼女が自宅で首を絞め殺されたときにも、猫グッズに埋もれて発見された。
彼女は明るい性格で、男女を問わず友だちがいた。葬式にはたくさんの人が押しかけ、涙を見せた。
「娘を殺したやつが現れるかも知れない」と言う両親に頼まれ、私は弔問客にそれとなく色々な話を聞いてまわる。特に殺された午後8時までの瑠美の足取りを知りたかったのだ。

「彼女、身体弱かったのかな? 年中、風邪ひいていたみたいだよ。くしゃみが止まらなかったり、顔や眼を赤くしてたりしてた」
「私はあの日、6時半に留美と別れて先に帰った。そういえば、いきなりくしゃみをしてた。唐突にね。でもなんでか嬉しそうなんだ」
「ここだけで言うけど、ホントに瑠美って、猫好きだったのかなあ? 猫グッズが好きなだけで、本物は苦手だったかも。だって野良猫が来たとき、逃げ出してたもの」
「彼氏がいて、遠距離恋愛してたんじゃないかなと思うのよね。だって、『スキでスキでたまらないのに、触れあうことが出来ないなんて、地獄よね』って言ってたことがあって」
「僕と別れたのは午後7時頃ですね。帰りに猫カフェに寄っていくって言ってたな」

「ひょっとして娘さんって、アレルギーだったのではありませんか?」
私はふと可能性を考えついて、両親に尋ねてみた。
「はい……ずいぶんと悩んでいたようです」
「それでわかりました。瑠美さんは大事なことを友だちに隠していたようですね。そのために、犯人もそのことを知らず、ぼろを出してしまったようだ」”

ヒント

どうやら瑠美さんは猫アレルギーだったようですね

























回答

猫カフェに寄っていくって言ってた

「瑠美さんは猫好きでしたが、同時に猫アレルギーのため、本物の猫には触れませんでした。なので、ネコカフェに寄っていくわけがありません。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事