罪と罰攻略-Stage5-5「山小屋の殺人鬼」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage5-5「山小屋の殺人鬼」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File5「山小屋の殺人鬼」

「私」は男のどの言葉に、うそだと気が付いたのでしょう?

“「た、助けてくれ」
スキー場のロッジに男が一人、吹雪と共に飛びこんで来て、倒れた。
「どうしました!?」
近くに居た私は、男を助け起こす。ゴーグルを外してやると、下からは憔悴した男の顔が現れた。
「殺人鬼が……、殺人鬼が山小屋に!」
「何があったんですか?」
「この先の山小屋で吹雪から避難していたら、見知らぬ男が突然入って来て……刃物で、襲いかかってきたんだ!
緋沙子が俺の目の前で襲われて、刺された! 俺の目の前で!」
男は興奮していた。
「落ち着いて。細かく説明してもらえませんか?」
「吹雪の最中、扉を叩く音が聞こえた。俺たちは避難者だと思ったので、扉を開けたんだ。そしたら見知らぬ男が押し入ってきて、手にしたナイフで……!
一瞬のことで、俺は緋沙子を守れなかった……」
「懐からナイフを取りだして?」
「いや、最初からむきだしで持っていた。本当に、扉を開けると同時なんだ、2秒もない。ああ……俺が扉を開けなければ……」
「どんな男でした?」
「知らない男だったが、目つきが鋭かったことだけはよく覚えている……そう、まるで殺人鬼のような!」
「私は警官です」
客のひとりが言った。
「山小屋に行ってみます。まだその女性が生きているかも」
ロッジのマスターも立ち上がる。
「私も行きましょう。私は前、吹雪の最中にその山小屋に行ったことがある」
「ダメだ、殺人鬼がいる!」
「いや、行った方がいいです。吹雪の中を行けるのなら、ですが。お願い出来ますか?」
私は冷静に言った。
「ダメだ、そんなことしたら……」
「女性が生きていれば、あなたのウソがばれてしまうかも知れない。だから止めてるんですよね?」
私の言葉に男の顔が強ばる。”

ヒント

ゴーグルが外せないほど吹雪いていたようですが… 表情が確認できるなんておかしいですね






























回答

目つきが鋭かった

「吹雪の中を歩いてきたならゴーグルをつけているはず。男の言うとおり、飛びこんで来てすぐに女性を刺したなら、犯人はゴーグルを外してないでしょう。従って目つきを確認出来るはずがありません。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事