罪と罰攻略-Stage5-3「常態化した受験戦争」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage5-3「常態化した受験戦争」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File3「常態化した受験戦争」

「私」は目撃者のどの言葉に、うそだと気が付いたのでしょう?

“『受験戦争』とは今さら言われなくなった。
だからと言って、受験が厳しくなくなったわけではない。『戦争』が常態化したというだけの話だ。
今回の大手予備校の事件で、私はその想いを強くした。
「そうすると、吉川君はここで、ロープを窓枠に通し……」
現場検証をしている遠藤警部は、頭を上げて教室の明かり取りの窓を見た。庭に面した窓枠にロープの端が巻き付けてある。
「このイスを足掛かりにして、首をロープの輪に通し、首をくくったと」
「そう考えるのが自然でしょうね」
横倒しになったイスを見ながら大鳥鑑識官が言った。
「第一発見者はなんといっています?」
「彼女らは吉川君が首をつろうとしているのを庭から見て、慌ててこの3階の教室に駆け上がって来たんだそうです」
「もう少し詳しく聞いてみたいですね」

「吉川君が自殺をするほど、悩んでいたなんて……」
第一発見者の佐脇裕子が頭を抱えた。
「ふと教室を見たら、吉川君がロープを掛けているのが見えたんです。最初、意味がわかんなかった」
「私も、私もー。ユーコに言われてそっち見たんだけど」
「でもそこに頭をくぐらせて、あっ、って思ったときには、もうイスを蹴っていて……ねえ?」
「うん、そうだよね。チョー早くて。ああって思ったときには吉川君の身体がぶら〜んと」

「ふうむ。自殺の線で間違いなさそうだな」
廊下に出た遠藤警部に、私は指摘した。
「彼女たちの偽証を信じるのですか? あんな華奢な子が男性の吉川君を殺したかどうかはわかりませんが、彼女たちと吉川君の関係は探った方が良いでしょう」”

ヒント

庭から3階の教室内の状況がわかるでしょうか? ましてや何かを蹴とばすなんて…






























回答

イスを蹴っていて

「庭から、3階の教室の窓下にあるイスが見えるわけがありません。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事