罪と罰攻略-Stage5-10「パズルのピース」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage5-10「パズルのピース」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File10「パズルのピース」

「私」は手紙のどの部分を読んで、資産家がテキサス州に住んでたとわかったのでしょうか?

“「これは、僕が海外で遭遇した事件だ」
そう前置きして、御堂筋はしゃべり始めた。
御堂筋京介は同業者の私立探偵だ。観察眼が鋭く、頭が切れて、行動力もある。私と違って格闘術にも優れている。
実に優秀で、私も一目置いているのだが、ひとつだけ困った癖がある……私を勝手にライバル視しているのだ。
そして自慢の変形なのか、こうやってときどき知恵比べみたいな話を持ちかけてくるのだ。

「ある資産家の男が、ガンで死んだ。問題は、彼の遺産のゆくえだ。弁護士から公開された男の遺言状によると、彼は遺産のすべてを謎を解いた親族に譲るといっていた。ほら、これがその遺書の写しだ」
御堂筋は私に英語の手紙を渡す。

『私はこの間の旅行で、パズルの5つのピースを、各町の図書館に隠した。このピースをすべて揃えた知恵者が、私の遺産を手にする権利がある。
私がまわった町というのは次の5つである……Paris、Athens、London、Palestine、Moscow』

「当然、遺族たちは血眼になって、各地に旅立った。ところが全然ピースとやらが見つからないんだ。
そのうち一人が気が付いた。資産家のパスポートを調べたら、なにかわかるんじゃないかとな。で、彼の渡航記録を調べたんだが、彼はこの10年間、海外に……いや、州の外にすら、出たことはなかったんだよ」
「10年より前から遺書を用意していたとか?」
「そんなことはない。ガンがわかったのは2年前だ」
「ふうん。そうか……じゃあ、当ててやろう。その資産家、テキサス州在住だろう?」
「ということは、答がわかったな?」
「ああ、簡単さ。ついでに、キミがなぜ、その手紙を私に見せたのかもね」”

ヒント

ある資産家がまわったという町、もしかしてアメリカ国内のどこかの地名かもしれませんね






























回答

Paris、Athens、London、Palestine、Moscow

「テキサス州にはパリス(Paris)、アセンズ(Athens)、ロンドン(London)、パレスティーン(Palestine)、モスコー(Moscow)という地名があります。これらは綴りは同じだが読み方が違う地名もあるので、御堂筋はわざと英語の手紙を「私」に見せたのです。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事