罪と罰攻略-Stage1-7「無念を晴らす」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage1-7「無念を晴らす」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File7「無念を晴らす」

被害者は「銃を構えたままこちらに向かってきました」。 この福田巡査の証言と矛盾する事実とはなんでしょうか?

“ 「お願いです。息子はもう戻りません。ですから、息子の無実だけでも、晴らしてください」
被害者の老母から、すがるような依頼を受けた。
私は警察の報告書を確認する。
被害者は山崎和也。警官に襲いかかり、正当防衛で射殺されている。

福田巡査の証言
「銃声がしたので、そちらに走っていきました。万が一を考えて、腰の拳銃を確認しました。
警戒しながら、その路地に近づいたときです。男がいきなり、銃を撃ってきたのです。男の初撃は外れましたが、男は銃を構えたままでした。本官は「銃を下ろしなさい、下ろさないと発砲します」と警告したのですが、男は無視をし、銃を構えたままこちらに向かってきました。本官は無我夢中で、足を狙ったのですが……なにぶんにも慌ててたため……」

証言は具体的で現場の張り詰めた空気が感じられるようだ。
私は死体所見書を読み始めた。

男・山崎和也の死因は側頭部からの銃創。銃弾は司法解剖の際に取り出され、福田巡査の拳銃のものと一致した。他に銃創は無い。福田巡査が自分の拳銃を一発しか撃っていない事実にも合致する。
手には発射残渣があり、この点でも証言と一致する。一方、和也の拳銃は二発の弾が発射されていたが、弾丸のうち一発はまだ見つかっていない。

……おかしい。どこか、おかしい。
もしこれが福田巡査の正当防衛でなかったら。山崎和也の拳銃の発射が、福田巡査に向けてのものでなかったなら。
山崎が福田巡査に襲いかかってきた証拠はない。むしろ、襲いかかってきていない証拠があるのだ。
私は慎重に調査書を読み進めた。
老母の祈りは天に届くかも知れないな、と考えながら。”

ヒント

被害者が銃を構えたままこちらに向かってきました → 死因をもう一度確認してみてください




































回答

死因は側頭部からの銃創

「福田巡査の証言通りなら、銃創は額にないといけません。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事