罪と罰攻略-Stage1-2「リストカッターの悲劇」ヒントと回答

罪と罰攻略-Stage1-2「リストカッターの悲劇」ヒントと回答

今流行りのアプリゲーム

崩壊…かつて人類の文明を幾度となく葬ってきた未知の力…今再びこの平和な世界に降臨した。新世代本格スマホアクションゲームここに始動!→世界を救う

  • 罪と罰
 




スポンサードリンク

File2「リストカッターの悲劇」

まず「私」は「右手首のリストカット」を見てこの死体が左利きだと気付きました。さて、死体のどんな点から拳銃自殺ではなく他殺であると考えたのでしょうか?

“ その死体は、完璧だった。
首の擦過傷も、右手首のリストカットとそのためらい傷も、すべては致命傷になっていないのは一目でわかる。自殺未遂の痕だ。
そして誰の目にも、死因は頭部の銃創だとわかった。それが右手に持った拳銃のせいだろうと言うこともわかった。わかり易過ぎるくらいだ。
今回ばかりはしっかりと死ねたようだ。
「壁に埋まってた弾丸の線条痕がこの銃と一致することはまず間違いないだろう」
現場検証をすでに終わらせているつもりの遠藤警部がアドバイザーの探偵である私に言った。
「そうですね。他殺体だとしても、わざわざ他の銃の弾を壁に撃ち込んでいくとは思えませんからね」
「おいおい、名探偵君。君は相変わらず、疑り深いなあ。これ以上完璧な自殺死体というのはありえんだろう? 解剖してみれば腹から睡眠薬や毒薬が検出されるかも知れないぞ」
「たぶん検出されるんじゃないですか? 賭けてもいいですよ」
「ははは、それじゃあ賭けにならんな。ワシも睡眠薬が検出される方に賭ける。睡眠薬自殺に失敗して、それで銃で頭を撃ち抜いたんだ。あるいは、銃で死ぬ恐怖を紛らわすために薬を飲んだかも知れんな」
「いや、睡眠薬で眠らされてからこめかみを撃ち抜かれ、その銃を手に持たされたんですよ」
私がさらりと言うと、遠藤警部は目を剥いた。
「犯人は、たぶん彼のことをよく知らない人で、それでいて彼に睡眠薬を勧められる人……例えば、今日昨日知り合いになった医者とか薬剤師……かな?」
「なに? それはどういう根拠だね、探偵君?」”

ヒント

死体は左利きです。右手に何か持たされていませんでしたか?




































回答

右手に持った拳銃

「リストカットの傷が右手にあると言うことは、被害者は左利きであると考えられます。にもかかわらず右手で拳銃を持つのは不自然です。」




スポンサードリンク

罪と罰1カテゴリの最新記事